安倍晋三政権が米国を除く11カ国によるTPP発効を目指す方針にかじを切った。2国間交渉に軸足を置く姿勢を鮮明にする米国をけん制しつつ、高水準の貿易・投資ルール作りを主導する狙い。だが、11カ国の思惑には温度差があり、トランプ政権の対日要求はこれからが本番。先行きは視界不良だ。