安倍晋三政権が米国を除く11カ国によるTPP発効を目指す方針にかじを切った。2国間交渉に軸足を置く姿勢を鮮明にする米国をけん制しつつ、高水準の貿易・投資ルール作りを主導する狙い。だが、11カ国の思惑には温度差があり、トランプ政権の対日要求はこれからが本番。先行きは視界不良だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1438文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。