セブンイレブン向けに食品メーカーが専用商品やPB商品を供給する動きが加速している。キリンビールやカルビー、日本コカ・コーラは看板ブランドの商品供給に踏み切った。2万店を超えた小売りの巨人はメーカーを動員する力をさらに強めている。

キリンビールが発売したセブン専用の「一番搾り 匠の冴(さえ)」(中央)と2万店を祝う限定ビールなど。メーカー各社はセブン向け商品の開発に力を注ぐ

 「ありがとう! 2万店」という文字と黄金色に輝くセブンイレブンの店舗が描かれたキリンビールの「一番搾り」と「ラガー」、「おかげさまで全国20000店 感謝!」という大きな文字が躍るサッポロビールの「黒ラベル」……。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2249文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。