4月14日から連続で発生した熊本地震により、企業のサプライチェーンが大きな打撃を受けている。部品の供給が停止したことを受け、トヨタ自動車グループの全国の完成車工場がストップする。現地では道路など物流網の寸断が起こっており、さらなる影響の拡大が懸念されている。