王将フードサービスが設置した第三者委員会は、創業者の知人との不適切な取引を指摘した。企業にとり、反社会的勢力と断定できない“グレー取引先”のリスクが改めて浮かび上がった。株主総会シーズンを前に、企業には適切な危機管理と取引先の監視体制が求められている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1228文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。