シリア攻撃に続いてアフガニスタンのイスラム国(IS)に対して大型爆弾を投下。北朝鮮にも牽制を強める。北朝鮮は挑発をやめずにミサイルを発射。失敗したものの、朝鮮半島情勢は緊迫が続く。「ドルは強すぎる」発言も重なり安全通貨とされる円は上昇。軍事的緊張感が経済の波乱要因に。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1219文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。