日本交通がタクシー初乗り料金410円への変更を申請した。割高イメージを払拭し、訪日外国人などの短距離利用を喚起する。格安配車サービス米Uber(ウーバー)の国内本格参入に先手を打って対抗する狙いだ。