習近平国家主席との首脳会談の最中に、シリアのアサド政権を巡航ミサイルで攻撃した。米中首脳会談は友好ムードを演出し「貿易戦争」は先送りされたが、実際の武力行使は世界に衝撃を与えた。政権内では権力闘争が激化し、「黒幕」とも言われていたバノン首席戦略官がNSC常任委員を解任された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1176文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。