鈴木敏文・前会長の退任から1年。セブン&アイ新経営陣はコンビニ事業で巨額買収に打って出た。だが低収益の百貨店や通信販売など鈴木氏の肝煎りで進めた事業の改革は遅れも目立つ。巨大グループの将来像はまだ霧の中で、「攻め」を先行させた経営のかじ取りは危うさを伴う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3110文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。