駅の近くにあって、24時間利用できる。そんなスポーツジムが増えている。利便性の高さに加えて、月7000円前後の手ごろな料金設定で30~40代の利用者を吸引。有望市場とにらんだファミリーマートが事業参入するなど、競争も激しくなってきた。

(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

 「会員数は想定の2倍以上」。ファミリーマートの担当者が誇らしげに言うのは、2月に東京都大田区に開設した24時間営業のスポーツジムの利用者数だ。実数は明らかにしていないが、自社のコンビニエンスストアに併設した施設の集客効果に手ごたえを感じている。ファミマは2023年までにジム併設店を300店に増やす計画だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り958文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。