三井物産が国内外のベンチャー企業への出資にアクセルを踏み込んでいる。米シリコンバレーのベンチャーキャピタルへの出資で“目利き力”も強化。イノベーションの活性化を期待するが、「投資回収」を巡る意識の差にジレンマも。

 2018年3月期に4400億円の過去最高益を見込む三井物産。連結純利益の約7割を資源関連で稼ぐが、事業構造を変革しようとベンチャー投資を全社的に加速している。中心となっているのが、ネット関連事業など約60社に出資をしているICT事業本部だ。

 今年に入り、データの分析や整備を手掛けるAI(人工知能)関連の米ベンチャー2社に相次いで出資。米グーグルや中国バイドゥのAIプロジェクトを主導したアンドリュー・ウン氏が昨年設立したファンドにも出資した。過去1年余りで複数の米VC(ベンチャーキャピタル)に資金を拠出しており、「目利きの一部をファンドに託し、優良な案件を発掘する」(ICT事業本部戦略企画室の室谷達範次長)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1214文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。