民進党と希望の党が新党結成への作業を急いでいる。来年の統一地方選や参院選への準備を急ぎたい連合や地方組織の強い要請があるためだ。ただ、両党は分裂含みで立憲民主党は独自路線の構え。野党再編への道のりは険しそうだ。

<span class="fontBold">再結集はなるのか(左から立憲民主の枝野、民進の大塚、希望の玉木雄一郎の各代表)</span><br />(写真=左:Rodrigo Reyes Marin/アフロ、中央と右:毎日新聞社/アフロ)
再結集はなるのか(左から立憲民主の枝野、民進の大塚、希望の玉木雄一郎の各代表)
(写真=左:Rodrigo Reyes Marin/アフロ、中央と右:毎日新聞社/アフロ)

 「森友学園」問題やイラク日報問題を巡り安倍晋三政権に攻勢をかける野党。並行して民進党出身者による新党結成への作業が急ピッチで進んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1174文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。