スマートフォンやパソコンなどデジタル機器の生産に欠かせない存在のEMS(電子機器受託製造サービス)。いよいよ、クルマを造る日が現実味を帯びてきた。取っ掛かりは、EV(電気自動車)の基幹システムの受託製造。中国のEV市場の急拡大が、その流れに拍車をかけている。

既にパワートレインの基幹部品の生産を始めているUMCの中国工場

 EMS(電子機器受託製造サービス)国内大手のユー・エム・シー・エレクトロニクス(UMC)が3日、日立製作所のIT(情報技術)機器子会社を買収すると発表した。サーバーやストレージの製造拠点を手に入れた上で、自動車部品事業に注力する日立と協力してEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)に搭載する基幹システムの生産につなげるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1048文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。