ここ数年続いていた「値上げの春」から一転、ユニクロなど、商品価格を引き下げる企業が出てきた。背景には消費マインドの冷え込みがあり、安さで消費者を呼び戻す狙いだ。引き続き値上げする企業も多いが、景気の先行きは不透明で、今が最後のチャンスという読みもありそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2109文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。