ここ数年続いていた「値上げの春」から一転、ユニクロなど、商品価格を引き下げる企業が出てきた。背景には消費マインドの冷え込みがあり、安さで消費者を呼び戻す狙いだ。引き続き値上げする企業も多いが、景気の先行きは不透明で、今が最後のチャンスという読みもありそうだ。