経営再建中のシャープが台湾の鴻海精密工業に買収されることが正式に決まった。液晶技術で台頭したシャープは、過去の投資負担に耐えきれずに外資傘下での再建を目指す。しかし、郭董事長が最後まで執着したのは、他ならぬそのシャープの液晶技術だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2760文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。