IHIが東京・豊洲に保有する不動産の売却に踏み切り、約300億円の特別利益を計上した。多額の含み益は米投資ファンドのサード・ポイントが指摘し、分社化などを要求されたこともある。要求は退けたものの、本業の品質問題などで収益が悪化。泣く泣く虎の子を手放す