IHIが東京・豊洲に保有する不動産の売却に踏み切り、約300億円の特別利益を計上した。多額の含み益は米投資ファンドのサード・ポイントが指摘し、分社化などを要求されたこともある。要求は退けたものの、本業の品質問題などで収益が悪化。泣く泣く虎の子を手放す

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1214文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。