4月6、7日の米中首脳会談を前に、北朝鮮問題と貿易赤字問題で中国を揺さぶる。貿易赤字削減を目指す大統領令に署名。ロス商務長官も、中国や日本、ドイツなどをやり玉に挙げた。気候変動対策も含め「米国第一主義」を貫く姿勢に、ファストリや米GEからも不満の声が上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1204文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。