4月1日、ブロック玩具「レゴ」の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が名古屋市にオープンした。ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオに続く、海外発テーマパークの上陸は、どこまで消費者を引き寄せるか。運営する英マーリン・エンターテインメンツは収益性を重視。投資を抑えながら多様な施設を展開する戦略だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2835文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。