政府が最重視する働き方改革の実行計画がまとまった。残業時間の上限規制と非正規社員の処遇改善が柱だが、生産性向上や成長力底上げには力不足との見方も。安倍晋三政権は続編として人材投資や教育改革に注力する構え。財源論議などが早くも熱を帯びてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1391文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。