米ウエスチングハウス(WH)が3月29日、米連邦破産法11条の適用を申請した。東芝の最終赤字が1兆円超となる見込みだが、「リスクを遮断」できるかは不透明。米電力会社との折衝やフラッシュメモリーの売却交渉など、綱渡りは当分続きそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2428文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題