トヨタ自動車とスズキが、インドで車両の相互OEM(相手先ブランドによる生産)供給で合意した。インドで苦戦するトヨタは、同国市場で断トツのスズキから売れ筋の小型車を手に入れる。一方のスズキが欲しかったのは、カローラではなく「トヨタの傘」だった。

<span class="fontBold">トヨタとスズキの提携会見では、両首脳が飛び切りの笑顔を見せた</span>(写真=左:毎日新聞社/アフロ、右:ロイター/アフロ)
トヨタとスズキの提携会見では、両首脳が飛び切りの笑顔を見せた(写真=左:毎日新聞社/アフロ、右:ロイター/アフロ)

 「スズキの実入りが少ない? いいんですよ。そんなのは」

 3月29日にインドで車両の相互OEM(相手先ブランドによる生産)供給を始めると発表したトヨタ自動車とスズキ。その直後、スズキのある幹部はこう明かした。

 2019年の春ごろから始める計画の相互OEM供給では、スズキがトヨタに「バレーノ」などインド市場で主力の小型車を、トヨタはスズキに「カローラ」のHV(ハイブリッド車)などを供給する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2160文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。