2016年度予算が成立し、与野党は7月の参院選に向け「選挙モード」に入った。野党は対決姿勢を強めており、4月24日投開票の衆院北海道5区補欠選挙の行方が注目される。安倍晋三首相は5月の伊勢志摩サミットも見据え、消費喚起策を柱とする経済対策作りを急ぐ考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1390文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。