三菱商事と三井物産が共に、2016年3月期に初の連結最終赤字に転落する。資源価格の低迷により巨額の減損損失の計上を余儀なくされ、投資家からは不満が漏れる。両社が資源バブル最中の「高値づかみ」で傷を広げたことは否めないが、反省の色は薄い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1364文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。