米国では2022年までにほぼ全ての新車に自動ブレーキを搭載することが決まった。自動車メーカー20社と米運輸省が合意。法令化よりも技術の普及を重視する異例の方法を取った。日本は当面はメーカー任せが続く見込みで、事故防止に対する当局の姿勢で差が出た格好だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。