東証は3月末から、上場企業の業績開示ルールを変更する。四半期ごとに発表する「決算短信」の内容を簡素化し、欧米基準に近づける。しかし、投資家が重視する業績予想などの開示が減り、市場に混乱を招く可能性も指摘されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1141文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。