日本郵政は西室泰三社長が3月末で退任し、後任にゆうちょ銀行の長門正貢社長が昇格する人事を発表した。元役人や民間出身者などが入り交じる巨大組織は、「重鎮」と呼ばれるトップが1つにまとめてきた歴史を持つ。初の集団指導体制に移行する日本郵政グループは、経営の方向性を見失う危うさもはらむ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2164文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。