米大統領選の争点の一つに自由貿易が浮上、候補者の大半が“アンチ”に回った。成長から取り残された不満を抱える労働者階級、その怒りが貿易に転嫁されている。民主党のクリントン氏も反対の姿勢を加速、難産の末に生まれたTPPは漂流の恐れも。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1318文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。