米グーグル傘下企業が開発した「アルファ碁」が、世界最強クラスのプレーヤーを下した。アルファ碁の出現を受け、囲碁AI(人工知能)の開発は活気づいている。だが対局の中で、思わぬ弱点も露呈。社会への応用への課題も示した。