これまでトランプ氏が繰り返してきた「米国第一」の方針が、予算案など具体的な「形」となりつつある。その結果、米国内の与野党や関係者、さらに各国首脳や国際機関にも不協和音が広がっている。トヨタ自動車にも改めて米国での工場建設を要請するなど、トランプ氏の姿勢は鮮明になるばかりだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1194文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。