セブン&アイ傘下のイトーヨーカ堂の新社長に3月1日、三枝富博・常務執行役員(67)が昇格した。2016年2月期には上場以来初の営業赤字に転落。不採算店舗の閉鎖などを進めているが、再生は道半ば。長く中国事業を統括してきた三枝社長はトップダウンの経営を修正し、社員の創意工夫で会社を変えたいという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1314文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。