防衛装備庁が2018年度に発注する機動性の高い「新型護衛艦」。量産過程で受注企業だけでなく、次点企業にも作業を割り振る新方式を採用。造船不況で重工各社は疲弊しており、建造分担で生産基盤を維持する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1108文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。