東芝は3月14日、この日が期限だった決算の開示を再延期すると発表した。内部統制の不備が明らかとなり、東京証券取引所は慎重な審査を迫られる。株式市場も一部で上場廃止リスクを織り込み始めた。