米トランプ政権の高官らが日本の農業や自動車市場の一層の開放を迫る姿勢を鮮明にしている。2国間交渉でTPPを上回る合意を目指す構えで、安倍晋三政権や農業界などに警戒感が広がっている。4月に始まる日米経済対話でどう軟着陸を図るのか。安倍政権の通商・対米交渉の戦略が問われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1433文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。