人手不足により企業と労働者のパワーバランスが明確に変わった、今回の春季労使交渉(春闘)。ベースアップや定期昇給といった賃上げのみならず、働き方改革に関する合意が多かったのが特徴だ。日本経済の転換点における試行錯誤が続いている。