フレックスタイムに社内託児所、在宅勤務……。いち早く働き方改革を進めてきた日産自動車。拠点が海外に広がる巨大企業にもかかわらず、現場のニーズを素早く吸い上げて多様な働き方を推進してきた。そのスピードに一役買っているのが、カルロス・ゴーン氏が2004年に設立した専門部署だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2068文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。