日本マイクロソフトが自社のAIを使って、効率的な仕事の進め方を探っている。AIが社員のスケジュールやメールの履歴から「義理で出ている会議」を判別。あるべき時間の使い方を提示する。「できる社員」の仕事の進め方を分析して社内で共有できれば、組織の競争力を底上げすることもできそうだ。

<span class="fontBold">社員に週1回、働き方の見直しを提案するリポートがAIから届く</span>
社員に週1回、働き方の見直しを提案するリポートがAIから届く
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフト(MS)の社員は毎週月曜日、自社開発のAI(人工知能)「マイアナリティクス」からリポートを受け取る。前週に参加した会議やメールの受送信に費やした時間、残業時間などを分析、業務の効率化に向けたヒントを提示したものだ。

 例えば、Aさん主催の会議中にメールを読んだり、送ったりしている時間が長いと、AIからこんな指摘を受ける。「義理で会議に招かれていませんか」。Aさんの会議に参加する必要があるか検討すべし、というわけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り949文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。