ベンチャー企業が新聞販売店を活用する新たな宅配システムの運用を始めた。宅配会社やネット通販会社から荷物を受け入れ、新聞配達員が消費者宅に届ける。2018年度末までに全国で500店が参加するネットワークの構築を目指している。

新聞販売店が宅配のインフラに
●ラストワンマイルソリューションが構築する宅配システム

 今年2月から、東京都や千葉県などの一部の地域で、新聞配達員が宅配便の荷物を運んでいる。「あれ、荷物も運んでいるんですか?」。ネット通販で注文した荷物をなじみの新聞配達員が運んできて、玄関口で驚いた表情を見せる消費者も少なくないという。

 この仕組みを構築しているのは、ベンチャーのラストワンマイルソリューション(東京都中央区)だ。佐川急便の元社員である近藤正幸氏が立ち上げ、新聞折り込み広告の自動挿入機械大手・プレッシオ(東京都港区)が出資する。宅配に精通した近藤氏と、新聞販売店とのパイプを持つプレッシオが協力して、全国約1万6000店の新聞販売店網を宅配に生かす考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り847文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。