1店あたりの顧客数の減少に悩むコンビニ業界にとって、いれたてコーヒーは頼みの集客装置だ。今春に向けてセブンイレブンなど各社が相次ぎ、抽出マシンや豆を刷新して、てこ入れに動く。過去数年、国内のコーヒー市場をけん引してきたコンビニコーヒーの快走には変調の兆しもみえる。

<span class="fontBold">ローソンは抽出時間の大幅短縮を打ち出した</span>
ローソンは抽出時間の大幅短縮を打ち出した

 「前年同月と比べてコーヒーの販売が数%マイナスという状況が1年ほど続いている」。都内でファミリーマートを経営するオーナーはこう話す。

 ローソンを都内で展開する加盟店の関係者は、「コンビニコーヒーは十分に消費者に浸透したが、これからは新しい顧客を呼び込む効果はあまり期待できない」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り965文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。