今年10月、社会保障制度の変更で大企業に勤めるパートに生じる「106万円の壁」。主婦パートの一層の労働時間抑制を招きかねず、サービス産業は対策に躍起だ。数年後には対象が中小企業に広がる見通しで、対応を誤れば景気にも悪影響をもたらしかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2485文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。