セブン&アイ・ホールディングスは傘下のイトーヨーカ堂20店とそごう・西武の2店を2016年度に閉鎖する。記者会見で両事業会社は「コンビニの成長に貢献」する存在として、グループ内にある意義が強調された。しかし物言う株主が分離を求める総合スーパーと百貨店の収益改善の道は険しく、コングロマリットの試練は続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2603文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。