キヤノンが東芝の医療機器子会社を約7000億円で買収する見通しになった。高騰した背景には、主力事業の伸び悩みに直面するキヤノンの焦りがある。売却により東芝の債務超過リスクは遠のくが、抜本的な改革は道半ばだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1321文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。