1月20日の大統領就任から50日が経過。閣僚人事などでの混乱を乗り越え、政策実現を加速させている。目玉となる医療保険の新制度では、共和党に続いて政権案の骨格を提示。これから議論が本格化する。17日からの主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、為替や保護主義を巡る応酬が注目だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1206文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。