東京電力が工場やオフィスビルなど産業向けの顧客獲得で攻勢をかけている。圧倒的な発電能力を持つ東電の猛攻に、新電力からは批判や怨嗟の声も。ただ原発事故費用を稼がなければならない東電が横綱相撲を取っている余裕はない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1386文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。