スマートフォンなどデジタル機器を「鍵」代わりにする「スマートキー」市場が盛り上がっている。これまでは自動車のドアの施錠・解錠で使われてきたが、家の玄関口へとその用途が広がり始めた。海外でも米アマゾン・ドット・コムがあらゆる買い物需要を取り込むため、目をつけている。

日本では民泊向けにスマートキーの市場が盛り上がる

 東京ビッグサイト(東京・江東)で9日まで開かれた「SECURITY SHOW(セキュリティーショー)」。家庭用の監視カメラや街の防犯システムなどに並び、目立っていたのが「スマートキー」の展示だ。

 無線での解錠を可能にするスマートキー技術。これまでも自動車のドアの施錠・解錠で使われてきたが、家の玄関口での活用に範囲が広がってきた。ドアの錠前に取り付けた専用装置を介して、登録済みのスマートフォン(スマホ)などで解錠できるようにするものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り940文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。