トヨタ自動車に続き、ホンダが新型FCV(燃料電池車)を投入。ただ普及には、地方での水素ステーション不足という難題がある。補助金頼みのインフラ整備待ちでは、FCVが「無用の長物」になりかねない。