トヨタ自動車に続き、ホンダが新型FCV(燃料電池車)を投入。ただ普及には、地方での水素ステーション不足という難題がある。補助金頼みのインフラ整備待ちでは、FCVが「無用の長物」になりかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1217文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。