一般人が自家用車で客を運ぶ「ライドシェア」が、ついに日本でも始まろうとしている。京都府京丹後市や富山県南砺市など地方自治体が米ウーバーと組み、準備は着々と進む。これに敏感に反応したのがタクシー運転手などの組合組織。日本でも衝突が始まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1353文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。