三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が3月末で退任する。百貨店の再生を指揮してきたが、異業種企業の買収などの施策を疑問視する声もあった。改革が奏功せず、伊勢丹新宿本店の不振が最終的な引き金になったとの見方もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1295文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。