鴻海精密工業グループによるシャープへの出資交渉は最終局面で足踏みが続いている。鴻海が本気でシャープを欲しがる背景には郭台銘董事長の壮大な野望がある。シャープの買収は将来、白物家電やEV(電気自動車)を手掛けるための布石となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3306文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。