世界経済の混乱が続く中、中国・上海で20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が閉幕した。景気減速阻止に向けて政策を総動員することで各国・地域が合意したが、不安が解消されたわけではない。市場に対して無神経に見える中国と神経質な米国。両国の市場への対応はさらなる波乱も予感させる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2623文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。