データを勝手に暗号化し、解除のために身代金を要求するソフト「ランサムウエア」が急拡大している。米国では病院の電子カルテが標的になり、国内でも既に、多くの企業が被害に遭っている。容易に開発でき、金銭の受け渡し時に足が付きにくい。今後、被害はさらに増える恐れがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1337文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題