東芝の不正会計事件で金融庁の処分を受けた新日本監査法人が出直しに動き出した。辻幸一新理事長は、幹部の大幅な若返りと監査体制の改革に取り組むが、顧客からの圧力にどう対応するかが見えないままでは不安が残る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1295文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。